個人で展示会に出展する方のブース設営をお手伝いした事例です。
当初はブースの壁紙や床の施工依頼でしたが、お客さんと一緒に壁紙を貼るための壁の造作から展示品の組み立てまで、ブース全体の設営をお手伝いすることになりました。

ポリバレンテインテリアがサポート

ポリバレンテインテリアがサポートをすれば、素人だけでブースの設営をするより、心強く、楽だと思います。
常にフル装備を準備しているわけではないので、できる限り詳細な事前情報をください。普段は使わない工具など準備に気を利かすことができます。ただし、どんな工具でもあるわけではありません。

下請けはやりません

ちなみに、工務店・リフォーム屋などの「下請け」はやりません。あくまで困っている素人のサポートとしてだけお請けします。

ブースの設営

まずは、展示品を引き立てるため黒い壁紙を貼った壁を造作し、床にはパンチカーペットを施工しました。こうして装飾したブースにお客さんの商品を設置し設営します。

らせん階段の組立

お客さんの展示商品は「らせん階段」です。お客さん自身も組み立て経験がほとんどなく、もちろん私も未経験です。英語の説明書だけでなんとか組立てました。少ない情報だけで、よく完成できたもんだと思います。
最後にブランドロゴや照明を設置し完成です。

この段階がユニット仕切らせん階段であることが分ると思います

徐々にらせん階段の形が見えてきました

この段階でらせん階段は完成です

ブランドロゴや照明を設置しブースが完成しました

海外製のユニット式らせん階段

設置したのは海外製の「ユニット式らせん階段」です。このらせん階段の特徴は、施工時に溶接などをせずに「組み立てて作る」と言うところです。従来のらせん階段と比べ、工期や工事料金が大幅に縮小されます。
ちなみに、このメーカーがある国では「DIY商品」として販売しています。らせん階段のパーツが段ボールに梱包されて家に届くそうです。たくましいですね。