天井の水漏れ跡を補修した事例です。現状は階段室の天井のジプトンが一部欠損し、大きくシミができています。(漏水の原因はすでに解決しているとのことでした。)
当初ポリバレンテインテリアでは現在張ってある、同じジプトンの入手ができないので、業者に問い合わせする際のアドバイスだけしました。

欠損部分を補修し塗装

『私ができる工事は』と言うことで、ホームセンターでジプトン(同じ物ではないもの)を仕入れて欠損部分を補修し、シミに関しては『天井全てを塗装する。』とい補修内容で対応することをご提案しました。
勿論、ジプトンの補修や塗装にしても、私は専門業者ではないことは説明してあります。

天井のジプトンが一部欠損し、大きくシミができています

ジプトン(同じ物ではないもの)を使って欠損部分を補修

天井全てを塗装しました

みっともないよりは良い。

階段室の天井という場所柄、ぱっと見は何事もなかった様な感じになりましたが、同じ建材を使っていないのでどうしても少し違和感がでてしまいます。
お客さんの感想は「シミが目立ってみっともない状態よりは良い。」といことでした。恐らく、補修費用の点でも妥協できると思ったのでしょう。