剥離したフローリングの表面を補修した事例です。
現状はフローリングの表面が大きく剥離し、欠損していました。この部屋は以前に漏水被害に遭った部屋で、おそらく、それが剥離の原因だと考えられます。剥離以外にフローリングの傷みを確認できないので、欠損部分の補修をしました。

大きい欠損は補修難易度が高い

大きい欠損は補修難易度が高いのですが、上手く補修できました。補修屋さんほどではありませんが、ぱっと見の違和感はほとんどありません。下の画像では若干色が違いますが、肉眼では余り色の違いを感じません。
また、表面の均一感も上手く仕上がりました。触っても凹凸を感じません。

フローリングの表面が大きく剥離し、欠損していました

ぱっと見の違和感がないレベルまで補修できました

独学で10年以上

やはり、何事もやり続けると技術は向上しますね。大嫌いだったんです、この作業。独学で10年以上かかり、やっとこのレベルまで来ました。