カーテンレールが取り付けてある、窓の木枠部分が割れてしまった箇所を補修した事例です。
カーテンレールにハンガーとか掛けちゃったのかな。カーテンレールのビス留め部分にあたる枠が割れています。
枠を交換したいレベルではありますが、私にはそんな技術はありません。また、オーナーさんも、それは望んでいません。

補修内容

木枠の割れの補修内容は、木枠部分の欠損カ所を接着し補修しました。カーテンレールは取り付けビスの位置をずらして対応すれば、また取付けることは可能と判断しました。
ぱっと見は違和感がない程度にはなりました。接着剤をしっかりと乾かすため時間が掛かります。
※この事例はオーナーさんのご理解で成立しています。

結構激しく木枠が割れた状態

欠損カ所を接着し、固定しました

カーテンレールを取付け、ぱっと見は違和感がない程度に補修完了

補足

今後、一般向けのサービスとしてやっていければと考えています。
料金は25000円(消費税・駐車料金は別途。そして出張料、最大3000円)

そこで、最初の数回はテスト事例として、
料金10000円(消費税・駐車料金は別途。そして出張料、最大3000円)
で対応します。
興味のある方はお問い合わせ下さい。

ちなみに、私はクロス職人です。リペアの専門業者ではありません。

※リペア専門業者に依頼したい方は以下のページで紹介しています。
枠や巾木の補修