補修・修繕に関してお願いがあります。ポリバレンテインテリアではこれまで、数々のご相談に対応してきました。
私には畑違いのことであっても、「何とかしよう」という気持ちだけで難問に応えてきました。
知識や経験をもとに、対策をネットで調べたり、一人悶々と考え続けたりして立ち向かうわけです。

「お願い、教えて下さい。」

どの程度で仕上がりで良いのか、お願いだから教えてください。
以下のような場合であれば一肌脱ぎます。きっとお役に立てると思います。

  • 使えるようになれば良い。
  • ある程度、見栄えが回復すれば良い。
  • 自分でやるより、上手にやってくれれば良い。

専門業者を紹介します

以下のような場合であれば、私には向かないかなぁ。知っている限り、専門業者を紹介します。

  • 完全に綺麗にしたい。
  • 跡形もなくしてほしい。
  • 金払うんだから完璧にしたい。

私に頼む人の考え方は

私に依頼してきた人を分析すると。巧みに私の職人心をくすぐる言い方をします。

  • 「ぱっと見、何とかなれば良い。」
  • 「専門業者に頼むよりは安く済むでしょ。」
  • 「自分でやるのは大変。あなたの方が上手いでしょ。」
  • 「大丈夫、あなたなら出来る」

と、こんな感じです。
こう言われると、断る理由がないので「やるしかない」と思って悶々とした時間を過ごすのです。
だって、怖いんですよ。「上手く出来るかなぁ?」って、不安でいっぱいです。

全力でやります

あなたが想像できる以上に全力でやります。労力(金と時間と知性と悟性、それとセレンディビティ)をかけます。
出来る限り期待に応えられるように一所懸命やります。

そりゃ、喜んでもらいたいんですよ。せっかく無理するんだから。
「やりたくない」「やってあげたい」という認知的不協和に、「やってみよう」で向き合っています。